法人のお客様

トップページ > 法人のお客様 > 医療業界の皆様へ(M-free導入事例)
医療業界の皆様へ 〜M-free導入事例〜
お客さまから選ばれる理由
M-freeフローチャート

当社が施設を定期的に点検し、破損・汚損を洗い出します。
発見されたものを速やかに修繕し、美観のよい施設を維持していきます。

M-freeイメージ
M-freeイメージ
防災へ繋がった事例
鏡の設置

→トイレに鏡を設置する事で自分の姿が鏡に映り、心理的にイタズラを防止させ、事故頻度が減少

設置場所の変更

→トイレの灰皿を埋め込み式に変えた事で、イタズラが行いにくくなり事故頻度が減少

素材を変更

→傷つきにくい素材へ変更したことで事故頻度が減少

コーナーガードの設置

→台車を使う事が多く、コーナーガードを設置する方法で事故頻度が減少

設備の点検

→手摺りのぐらつきを発見し、事前に対応する事で転倒事故を未然に防止

リックグループの特長
分析レポートを作成し、施設管理・報告業務の負担を軽減します。
未然防止活動を行い、破損・汚損箇所の発生・事故の発生を抑制し、防災へ繋げます。
事故処理と修理工程を一元管理することで総合的に進捗状況を把握できます。
もたらす効果
CSの向上
利益の確保
従業員の意識改革
M-freeご利用お客さまの声
あまがせ産婦人科

あまがせ産婦人科の理念は「親切医療」です。
私たちは、すべての患者さんに対し、誠意を込めて、診療にあたって参ります。また、患者さんの心に寄り添い、お気持ちを思いやって、共感性豊かな医療をめざして参ります。当院は、親切な医療を通じて、地域の皆さまに信頼される医療機関となり、地域医療の発展に専心努力して参ります。皆さまのご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
医療法人 天信会 あまがせ産婦人科 理事長 天ケ瀬 寛信
医療法人 天信会 あまがせ産婦人科 理事長 天ケ瀬 寛信
あまがせ産婦人科 インタビュー

Q.近年の産婦人科は?
出産はお母さんにとって、ご家族にとって一大イベントです。また、命に係わる事ですから、なおのこと安心でき、快適な環境が求められます。現在産婦人科は、快適な空間をご提供するべく、施設の美観について力を入れる様になってきました。例えるなら、高級ホテルの雰囲気を基調としたリラックスして安心できる空間、と言ったところでしょうか。

Q.M-freeを導入して良かったと思うところは?
以前、M-freeによる定期点検(巡回)の時に、階段の手すりがグラグラしているのを発見しました。手すりは多くのスタッフが目にする場所にありましたが、定期点検によって分かりました。妊婦さんは普段より歩行が困難です。もし、手すりを持った時に手すりが壊れて転倒してしまったら、お母さんとお腹の赤ちゃんは大変なことになりかねません。 M-freeについては、普段施設内の景色を見慣れているスタッフではなく、客観的に点検をすることができる第3者がチェックするところに強みがあると思います。 また、施設管理という面において、事故防止効果があることを実感しました。

Q.一般的な「点検」と違うと思う点はありますか?
M-freeは点検の際に、美観維持や安全などについてスタッフに啓蒙してくれます。これが点検や目配りに対する意識向上になっています。 病院において定期点検は医療安全にもつながります。医療機器においては、問題か所の早期発見によって安全性を高めることが出来ます。また、機器の修繕費用が高額になるケースもありますので、資金のやり繰りといったことからも、保険を含めたM-freeというサービスは非常に効果を発揮していると思っています。

Q.今後の展望をお聞かせ下さい
1977年に開院し、30年以上が経ちました。お婆ちゃん、お母さん、ご自身と3世代に渡って利用して頂いたご家族もいらっしゃいます。今後も時代にあったリニューアルをすすめていきますが、昔を懐かしむことができ、地域に愛される病院でありたいですね。

2531